よかったらぽっちりお願いします           blogram投票ボタン      ブログランキング・にほんブログ村へ
まぁ、兎年なもので…(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう12月も終わりかけですが、11月の3連休の旅行のことを。

青森と北海道へ3泊4日の弾丸ツアーに行ってきました。
3泊もしてれば全然弾丸じゃないと思うでしょ?

えぇ、現地に泊まってればね…。
3泊中2泊は電車の車内泊だったもので…。

11/1の深夜、三宮から寝台特急のサンライズ出雲に乗り東京へ。

個室なら気兼ねなく寝られたのですが、急きょ決まった度だったのでチケットがかろうじて取れたのは
バラバラの「のびのび座席」でした。←下の方にのびのび座席の写真があります

並びで取れていたらyutoを挟んでのんびり独りで寝れたのですが、続きだし一人で寝かせるのはちょっと
(寝相も悪いし…w)心配だったので、1畳ほどの狭い半個室に小3男子と2人で寝るキツさ…。
ただでさえ旅先ではよく眠れないのに、揺れてるし寝返りは打てないし妙に暖房効いてて暑いし、隣で
寝てる見ず知らずのオッサンはいびきうるさいし!!

ヘロヘロになりながら朝7時頃、東京駅に到着。
だけど、青森へ行くための中継地点のため、駅からほとんど出ることもなく東京さようなら…

    青森

お昼過ぎには、青森到着
ただし、ここでのメインイベントは「青函トンネル見学ツアー」のため、小1時間の自由時間があるのみ…。

満を持して竜飛海底駅へ!

…えっと、ごめんなさい。
非鉄の私にはここに立てるすごさが今一つ臨場感たっぷりにお伝えできません…。

旦那はんとyutoはそれこそ2人とも少年の顏になってキラキラした目で楽しんでたから、鉄の方には
たまらんのでしょうな…。

トンネル内にジーコロジーコロとダイヤルを回す昔懐かしの公衆電話があって、「海底から電話して
みませんか?」というキャッチフレーズに心惹かれ、yutoにお義母さんへ電話をかけさせてみたら残念
ながら出なくてガッカリ…。

と、受話器を置いた瞬間!
いきなりその電話が鳴って、恐る恐る電話を取ると「あれ?yuto?この電話番号どこから??」と
お義母さんの声が(笑)

どうやら昔の公衆電話は番号が通知される設定になってるみたいでした。
…って、お義母さん!

知らない電話番号に折り返しちゃだめですよ!!(笑)

    青函トンネル見学会


ツアーを終えて函館に到着、そこからさらに3時間ほどかけて札幌へ着いたのは深夜0時を回っていて
移動中車内でずっと爆睡してたyutoも疲れが取れず、すっかり目の下にクマができてました(笑)

ホテルについてお風呂に入ったらのび太並みに秒速で寝落ち。(ただし、全員w)

    札幌



翌朝は札幌場外市場へ朝ご飯を食べに行きました。
どこのお店も観光客への呼び込み合戦で激しい中、一筋入ったところに小ぢんまりした定食屋を発見。

せっかくだし海の幸を堪能しようとボリュームたっぷりのデラックスな海鮮丼の看板を見てると
そこの大将がふらっと出てきて「うちのは量多いから、一番小さい海鮮丼で女性(1,000円)は十分
だよ。ま、(店に入るのも入らなくても)どっちでも良いけどね~」と、飄々とした人で(笑)

それがウケて思わず店に入りました。
で、大当たり!!

めっちゃ美味しかった!
yutoのラーメンも帆立と昆布の出汁が効いてて、好きなメニューじゃないと朝はほとんど食べないyutoが
かなりがっついてました(笑)

大将も気さくな人でお名刺いただいたので、また次回北海道に行く機会があったら再訪したいな~


    札幌場外市場


食後はベタながらも羊ヶ丘展望台へ。
大学生の夏休みに10人ぐらいのクラブ仲間とレンタカー借りて北海道1週間旅行して、ここにも立ち寄った
ことを思い出しました。

あれから20年以上…感慨深い~!(笑)
その頃のメンバーとは今はもう連絡取りあってないけど、きっとみんな家庭築いてお母さんになってるの
かなぁ…。

って、寒いし天気曇ってるし羊も外に出てないし…。
ただのだだっ広い草原見に行っただけでした…(笑)

       ひつじが丘

北海道最後のご飯はスープカレー!
「心」さんに行ってきました。

けっこう並んでて時間ぎりぎりだったから冷や冷やしたけど、何とか無事食べることができました
初のスープカレーは優しい味で野菜もお肉もほろりと崩れる柔らかさ…美味しかったーー!

       スープカレー


そして今回の旅行最大のイベント、トワイライトエクスプレスで帰阪です。
デラックスなA個室がどうしても取れなくて、Bのツインになりました。

…って上下のツインかよ!!

だけど、サロンカーはラグジュアリーで大人のムードで、さすが「走るホテル」の異名は伊達じゃない
な~と感激
よく見るとシートにかかってるレースのヘッドカバーなんかはちょっとヨレヨレになってるんだけど、それも
愛嬌かな(笑)

    トワイライト


夕方にはサンセットを眺めながら、これまで歩んできた2人の人生を、そしてこれからのことを語らう
(いや、話の内容までは知らんが…)年配のご夫婦達がソファーを占領していて、入る隙間もありません
でした…(笑)

ってことで、旦那が上、yutoが下のソファー兼ベッドで、私は地面にビニール敷いて持参してたブランケット
敷いてリュックを枕代わりにダウンジャケットをかけ布団にして寝ました…。

・・・なんか、思い描いてたものと違うんですが…(笑)

       トワイライトでお休み



ご飯について。
さすがにディナータイムは高すぎるので、お部屋で軽食つまみながら21時のパブタイムを狙って食堂車へ。
パスタとピラフを頼んでみました。

…が!
A個室の我儘な客が注文した物をキャンセルして新しいものを注文した際に、うちのパスタまでついでに
キャンセルされたらしく、待てど暮らせどパスタが来ないことにしびれを切らして聞いたら「すみません、
もうパスタはすべて出てしまって…」と…。

トワイライトも廃止になるし、それまでに乗れる可能性はゼロに近いので、楽しみにしてたパスタは幻と
なりました…。

翌朝の朝食はどれも美味しくて大満足でした

    トワイライト食堂車


そして翌日の昼過ぎに新大阪に着くと、たくさんのカメラ付ギャラリーが(笑)
「やっぱり有名な列車だもんな~」と思いつつ、振り返るとそこには旦那はんとyutoの荷物画だけが残され
2人ともそのギャラリーに紛れ込んで写真撮ってた…

あんた達は乗ってきたんだろ!!
もうええやろ!!(笑)

本当に弾丸過ぎて北海道の観光地がまるで堪能できないツアーでしたが、それも我が家らしいというか(笑)
鉄好きと結婚した宿命ですかね。(笑)

なんだかんだ言って美味しいもの食べたし、二度と行けない場所にも行けたし、人生で一度は乗ってみたかった
列車にも乗れたし結果オーライな旅でした




   よかったらぽっちりお願いします

          blogram投票ボタン
      ブログランキング・にほんブログ村へ






FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2013/12/21 23:02】 | お出かけ記録
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。